飲酒とハゲ

飲酒とハゲ - ハゲになる生活習慣

ハゲになる生活習慣 > 飲酒とハゲ

飲酒とハゲ

晩酌が習慣になっている方は、飲酒がハゲの原因になることを知っておくべきです。
というのも、お酒を飲むことによって育毛サイクルが阻害されてしまい、それが日常的になってしまうと生え変わる毛の量が減ってしまうためです。

薄毛の原因に、頭皮の血行不良というものがあります。
育毛サロンなどで頭皮マッサージをしてもらえるのは、血行を良くして髪に栄養をいきわたらせるためです。
適切な栄養を摂っていても、血行が滞ると髪の成長に必要なものが不足してしまいます。
頭皮のこわばりをほぐし血行を良くすると、急に髪の毛が増えてくる人もいます。

さて、お酒はこの「血行促進」の作用を持っています。
お酒を飲むことで体温が上がって、顔が赤くなってしまう…そんな酔っ払いも、体内の血行がかなりよくなっています。
こうして適量のお酒を摂取すると、頭皮への栄養をよりスムーズに補給できるのです。

しかし、プラスに働くのはあくまでも「適量」の飲酒にとどめた場合です。
お酒は、飲みすぎると体内のアルコール分解が追いつかなくなってしまいます。
アルコールの分解には肝臓が一役買っています。
肝硬変など、酒飲みがかかりやすい病気も肝臓に集中しています。
アルコールは、肝臓で分解されると「アセトアルデヒド」という物質に変化します。
アセトアルデヒドは毒性を持ち、完全に分解されるまでは体に異物として存在します。
肝臓から血液に乗り、体のあちこちに運ばれていきます。
この、アセトアルデヒドは薄毛の原因物質を増加させてしまうといわれています。

薄毛の種類にはいくつかのパターンがあります。
中でも、男性が中年以降、加齢に伴って起こりやすくなるのがAGAです。
男性ホルモンが関係しており、防ぐためには「ジヒドテストステロン」の増加を抑えなければなりません。
そして飲酒は、このジヒドテストステロンを増やしてしまう働きがあります。
AGAで悩む人が過度の飲酒をやめたら、髪の生え代わりが元に戻るというケースもあります。

とはいえ、お酒を飲めないストレスで抜け毛が増えてしまっては元も子もありません。
あくまでも適量、血行が良くなるくらいにとどめておきましょう。