生活習慣とハゲの関係

生活習慣とハゲの関係 - ハゲになる生活習慣

ハゲになる生活習慣 > 生活習慣とハゲの関係

生活習慣とハゲの関係

ハゲの予防には、生活習慣を見直すことが大切です。
ハゲは遺伝などの避けられない要因から起こると思いがちですが、自己管理次第で進行を遅らせたり、回復させたりすることもできます。
自分がまだハゲる年齢ではないと思っていても、早ければ20代前半から抜け毛が出始めるといいます。
日ごろから自分がハゲやすい生活を送っていないか、チェックしてみましょう。

まず、タバコは髪にとって悪い生活習慣です。
タバコを吸うことでニコチンを摂取しますが、これによって血管が収縮して末端の細胞に栄養が行き届かなくなります。
また、1本吸うごとに大量のビタミンを消費してしまうといいます。
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群などの髪の生成に必要な栄養素が失われてしまうのです。
本サイトでも、食生活の見直しは育毛に必要と紹介していますが、ビタミンをせっかくとっても喫煙によって無駄使いしてしまってはもったいない。
他にも、タバコはAGAの原因となるジヒドテストステロンを増やすという研究結果も出ています。
できることなら禁煙するべきです。
ただし、ストレスは抜け毛の原因になるので、禁煙はゆっくり進めて行きましょう。

同じく、飲酒も髪に良くありません。
アルコールがAGAの原因物質を増やしてしまいます。
適度な飲酒は血行を良くすると言われますが、アルコールの分解には内臓に負担がかかりますし、その分栄養素も失われてしまいます。
できることなら控えるようにしましょう。

そして、これらの生活習慣を見直しつつ、適度な運動などを取り入れると良いでしょう。
運動は血行を良くして体のすみずみまで栄養をいきわたらせることができます。
頭皮の血行が良くなれば、毛髪の生え変わるサイクルが速くなります。
運動は血行促進が目的くらいの軽い気持ちで始めるのが良いでしょう。
いきなり激しい運動を始めてしまうと、それ自体がストレスとなってしまいます。

このように、生活習慣を若いうちから整えていくことでハゲにくい体にしていくことができます。