シャンプーと薄毛

シャンプーと薄毛 - ハゲになる生活習慣

ハゲになる生活習慣 > シャンプーと薄毛

シャンプーと薄毛

薄毛になりうるシャンプーの習慣というのをご存知でしょうか。
シャンプーは頭皮の環境を清潔に保つものであり、薄毛に悩む人なら念入りに選ぶことかと思います。
しかし、せっかく良いシャンプーを使っても、その洗髪方法が悪ければ逆効果になってしまうのです。
そこで、まずは間違えがちなシャンプーの方法を正していきましょう。

洗髪というと、シャンプーでこすって汚れを落とすイメージかもしれません。
しかし、実はシャンプーを使わなくてもほとんどの汚れは水洗いで落ちていきます。
本来は、髪の毛を水で洗うだけでもよく、中にはシャンプーを使わずに髪の脂分でツヤを保つという人もいるくらいです。
薄毛に悩む皆さんには、シャンプーを使わないやり方はあまりお勧めできません。
なぜなら、脂がちな頭皮をきれいにすることも育毛には必要だからです。
適切な回数であれば、シャンプーで毛穴の汚れを落とすのは有効な方法です。

次に、シャンプーの髪へのつけ方です。
髪の毛にシャンプーをつけるとき、プッシュして出てきた原液をそのまま頭皮につけていませんか?
頭皮の髪が生える箇所に原液が付着すると、刺激が強すぎてダメージを与えてしまいます。
頭皮が荒れて、場合によってはフケが増えてしまう可能性もあります。
シャンプーの液には、汚れを落とすための成分が多く含まれています。
本来水だけでも落ちるはずなのですが、シャンプーの洗浄力が加わると余計な皮脂も落としていってしまいます。
こうした事態を避けるために、水を加えてあわ立ててから頭につけると良いでしょう。

シャンプーを泡立てたら、いよいよ洗髪です。
このとき、つめを立てるように洗う人がいますが、頭皮に引っかくような傷を作ってしまいます。
そこからフケが出てしまう原因になりますし、育毛には逆効果です。
ここは血行の促進をはかるためにもマッサージする要領で泡立てながら洗髪しましょう。

これらの洗髪習慣は、何気なく毎日行っているのでなかなか気がつかないかもしれません。
思い当たる点がある人は、少しずつ改善していきましょう。