ハゲ対策の食事

ハゲ対策の食事 - ハゲになる生活習慣

ハゲになる生活習慣 > ハゲ対策の食事

ハゲ対策の食事

ハゲ対策のために食事に気をつけて生活するだけでも十分な対策になります。
食事は体に栄養素を取り入れるための重要なファクターです。
まず、どんな食事をとると効果があるのかをご紹介します。

薄毛の原因を抑える働きをもつ食材からご紹介します。
まず、納豆は薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制する働きを持っています。
大豆製品にはほぼ必ず入っている「イソフラボン」により、男性ホルモンのテストステロンが抑制されます。
AGAという薄毛の症状の場合、男性ホルモンが変質したものが原因で起こります。
納豆を摂ることで、髪の毛の生え変わりサイクルを阻害しないようにしようというわけです。
納豆は、その他様々な健康効果を秘めています。
ナットウキナーゼという栄養素で血液をさらさらに保ってくれます。
頭皮の血行が悪くなると、それだけ生え変わりサイクルが遅くなってしまったり、生えかけている毛に栄養が届かず、抜け落ちてしまうこともあります。
血液がさらさらで流れが良くなると、育毛の働きが活発になるのです。

次に、レバーもおすすめです。
レバーには、ビタミンが多く含まれています。
その種類は、ビタミンB群とビタミンAの2種類です。
ビタミンB群は、新陳代謝を高める働きがあるので、毛髪の生え変わりサイクルを活発にします。
特に、ビタミンB2には皮脂の分泌を抑制する働きがあるので、毛穴が皮脂で詰まってしまうという事態を避けられます。
ビタミンAは、肌の状態を良くする機能があることで知られています。
美肌のためにサプリで摂取する女性もいるほどです。
同じように、頭皮の肌の状態もきれいにしてくれます。
育毛のためには、毛が生える土台作りをすることも大切です。

レバーと同じく、ビタミンAやビタミンB2を多く含むのは緑黄色野菜です。
動物性由来のもの、植物性由来のもの、両方から摂取することで、全体の栄養バランスも良くなります。
体が健康になれば必然的に育毛効果も高まるというわけです。
ちなみに、ビタミンAなどは油との相性が良く、一緒に摂取すると吸収が良くなります。

様々な食べ物をバランスよく摂取して、育毛に良いからだ作りをしましょう。