やってしまいがちな生活習慣

やってしまいがちな生活習慣 - ハゲになる生活習慣

ハゲになる生活習慣 > やってしまいがちな生活習慣

やってしまいがちな生活習慣

薄毛の原因が日々の生活習慣にある理由は、それによって毛髪の生え変わりサイクルに影響を与えてしまうためです。
不摂生をすると、その影響はてきめんに現れてしまいます。
薄毛が気になりだしたら、早くから生活習慣を改めるのが吉です。

不摂生以外にも、やってしまいがちな生活習慣があります。
髪の毛を守るために行うことが、裏目に出てしまうことがあります。

例えば、育毛のために念入りにシャンプーをするのは、あまり良くありません。
確かに、頭皮に皮脂が残っていると毛穴をふさいでしまうので髪の毛が生えにくくなってしまいます。
しかし、念入りなシャンプーで必要以上に脂を取り除いてしまうと、頭皮がかさかさに乾燥していってしまいます。
すると、乾燥からフケが発生したり、乾燥肌のかゆみが出てしまって、頭皮にダメージを与えてしまいます。
一日に何度もシャンプーをするという人もいますが、やりすぎには注意が必要です。
一日一回程度の適正な頻度にとどめておきましょう。

次に、頭の蒸れるのを避けるために帽子を被らないのも実は良くありません。
蒸れて頭皮にダメージを与えるような帽子はNGですが、紫外線を避ける程度の日よけは必要です。
日光で肌が日焼けするように、頭皮も紫外線によってダメージを受けます。
一概に帽子を被ればよいというわけではありませんが、紫外線を避けることを考えましょう。

仕事をしていると避けられないのが、長時間のパソコン使用です。
パソコンを使うようになって、昔よりも仕事の作業効率が上がったかもしれませんが、より目を酷使するようになりました。
このことから、眼精疲労で薄毛が進行してしまうケースも起きています。
眼精疲労がどのように影響するかというと、ストレスはもちろん血行不良の原因にもなります。
頭皮に栄養が行かなくなってしまうので、生え変わりサイクルが乱れてしまうのです。

これらの生活習慣は、何気ないものだったり、頭皮に良いと思って行っているのが裏目に出るものなので、なかなか気がつきません。
積極的に情報収集をして、薄毛対策を万全のものにしましょう。